2012年08月19日

koboに使えるEPUB形式への変換

koboにmicro SDHC 32Gを入れるで書いたように
拡張したmicro SDに日本語名でファイルを入れると
文字化けして使えません

元々、半角英語で残しておけばいいのですが
それも手間です

そこでcalibreを導入しました
後でわかったことなのですが、元々このアプリだけで
koboで自炊コミックで書いた作業もすべて行ってくれそうですが
未だにChainLPを併せて使っています
ChainLPの方がどことなく親しみやすく使いやすい感じだからです
(あまり意味も根拠もないので…)

calibreのインターフェイスはわかりやすいです

kobo0004.gif

ここにファイルを入れれば著者名や題名の編集も楽にできます
ZIP形式で圧縮したファイルを入れるだけで後は整理してくれるわけです

さらに、koboとリンクさせることも可能で
EPUBに編集した上でkoboに送りたいものを指定して送ることもできます

僕はcbz形式にしたものをcalibreに入れて整理しています
cbz形式をEPUBに変換してから
koboに送れば拡張したmicro SDに入れても問題なく使えるからです

ただ、EPUBにするときに少し設定した方がいいように思います

kobo0005.gif

設定→入力オプションを開き

kobo0006.gif

「縦横比を固定する」にチェックを入れて
出力フォーマットをpng→jpgにしました(この辺りは趣味かもしれません…)

そして、「本を変換」しました

後は、calibreからkoboに送信すればいいのです

名前も勝手に編集して日本語名から半角英語にしてくれています
楽勝でした


kobo Touchを探す
楽天で購入
Yahoo!ショッピングで購入
kobo Touch カバーを購入
posted by ぽんくん at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | kobo
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57666062
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック