2011年05月16日

2560×1600ピクセルの高解像度タブレット用ディスプレイ、Samsungが披露

 Samsungは、WQXGA(2560×1600ピクセル)の高画質10.1インチディスプレイを、今週米国で開催のSID Display Week 2011で披露する。タブレットサイズでこの解像度を実現するのは初めてという。

 同社の試作機はPenTile RGBW技術を採用し、解像度は300dpi(iPhone 4のRetinaディスプレイは326dpi)。RGBストライプ配列の液晶ディスプレイと比べると、消費電力が40%少なく、フルHD映像の視聴パフォーマンスが2倍という。輝度は300cd/m2、アウトドアモードでは最大600cd/m2。色域は72%。

 Samsungはこのディスプレイを年内にタブレット向けに提供する。

すごいな…

もう技術の日本って言葉は消えているな


韓国や台湾に負けているね

posted by ぽんくん at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | モニター

2011年03月31日

売れ筋は1万円台より購入できるフルHD対応、液晶ディスプレイの人気モデルは?

 2011年3月現在の液晶ディスプレイは、フルHD(1920×1080ドット)表示対応で21.5型以上のモデルが売れ筋。今回はランキングの9割がフルHD対応となっている。

 このうち5機種が23型ワイドのモデルだ。大画面化のニーズは、モデルよっては実売1万円台後半──と、より手軽に購入できる背景があり、販売店でも「価格帯がそれほど変わらないなら、どうせならより大画面のものを」と予定の機種よりひとまわり大きなサイズのモデルを選んでいく人が増えているという。

 さらにこのニーズとともに、“プラスアルファの機能”を持つモデルもじわじわ人気が出ている。今回、前回のランク圏外(50位)から9位に浮上したLG「E2350VR-SN」は、フルHD+23.5型ワイドのトレンドをふまえつつ、動画の解像感を向上させる“超解像技術”をはじめとする動画向けの高画質化機能を搭載する特徴がある。

第1位 三菱電機 RDT232WX(23型ワイド/1920×1080)

第2位 アイ・オー・データ機器 LCD-MF221XGBR(21.5型ワイド/1920×1080)

第3位 三菱電機 RDT232WX-S(23型ワイド/1920×1080)


僕のパソコンモニターも三菱製

結構良いですよね

人気になるのはわかります
posted by ぽんくん at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | モニター