2011年05月17日

LOOX Uを超えたケータイサイズの新LOOX

 ドコモより「Windows 7ケータイ」が登場。Windows Phone 7ではなく、Windows 7 Home Premiumがそのまま動くのに、フツーのケータイでもある──という、ほかとは違う面白い特徴を備えている。

●「普通のWindows 7」を搭載するケータイ機能付きポケットPC ととらえたい

 「あ、Windows Phone 7じゃないんですね。勘違いしていた」──と発表会会場で多く語られた富士通製“Windows 7ケータイ”が「F-07C」だ。PCとして気になった部分をぷちチェックしてみよう。

本体サイズは125(幅)×61(高さ)×19.8(厚さ)ミリ、重量約218グラム。
いわゆるケータイサイズ(……プラスアルファ)のボディに32ビット版のWindows 7 Home Premium(SP1)をプリインストールし、
CPUにインテルのタブレット/モバイル機器向けプロセッサであるAtom Z600(1.2GHz/Hyper-Threading Technology対応)、
1024×600ドット表示に対応する4型ワイドの静電タッチパネル付き液晶ディスプレイ、
1Gバイトのメインメモリ、
32Gバイトのフラッシュストレージを備える、
いわゆるAtom搭載Netbookなみの性能は備えるポケットPCである。

 ディスプレイをスライドして開くとトラックボールによるポインティングデバイス付きのQWERTYキーボードが表れ、本体単体でいわゆる普通のWindows 7搭載PCとして扱える。

 別売りオプションとしてUSB 2.0×4、HDMI出力、DC入力を備えたクレードル(実売7000〜8000円前後とのこと)を用意し、それにUSBのマウス+キーボード、HDMI経由でテレビや液晶ディスプレイに接続すると、さらに普通のPCのスタイルで使えるようになる。Windows 7 Home Premium(Starterなどでもない)搭載PCなだけに、もちろんUSB接続の光学ドライブなどを用いてWindows用アプリケーションを自由にインストールできてしまう。

 さらに独特なのは、“普通のケータイ”にも切り替えられる点だ。本体上面の切り替えキーにより、Windows動作モードとケータイモード(Symbian OS)に、ほぼ一瞬(……この手のモノとしては早い印象の2、3秒)で切り替わる。ケータイモードはよくある富士通東芝製のiモードケータイとして動作するモードで、iモードメールやiモードサイトの閲覧、iアプリのダウンロードや利用、おサイフケータイ、緊急速報のエリアメールなど、普通のiモードケータイとしてできることがとりあえず普通にできる(ワンセグを備えないが、この手の端末を望む人であれば、なければないでよいという人は多そうと思われる)。

 つまり、2つのOSが同時に起動した状態で動いている。Windowsモード作業中に電話着信があればケータイモードに自動的に切り替わって“普通のケータイ”として通話可能、終話でWindowsモードに戻る。ケータイモード動作中のWindowsモードは、バッテリー消費を抑えるためにスリープ状態(休止状態かもしれません。追って再確認します)に移行する仕組みとなる。ちなみにドコモの音声対応端末は、“ドコモスマートフォン”、“PRIMEシリーズ”、“STYLEシリーズ”、“SMARTシリーズ”、“PROシリーズ”などに分類されるが、F-07Cはどれにも属さない「その他」扱いになってしまったのも、よい意味でその独特感が伺えてしまう。

 また、ビジネス向けに──とスマートフォンで半ばむりやりPCのオフィスファイルを扱う事例や雑誌の企画をよく見かけるが、F-07Cはそんなことをしなくても普通のPCだ。一応、2年ライセンス版のOffice Personal 2010(Word 2010、Excel 2010、Outlook 2010を包括)もプリインストールする。


すごい携帯が出てくるな


このサイズでこれだけの機能が作れるのならばどうして

タブレットパソコンはあんなに意味のないモノを作るのだろうか


FMVの新シリーズとなる10.1型ワイド液晶搭載タブレットPC「FMV LIFEBOOK TH」をもう少し性能良いものでつくるかどうにかできた気がするが…


富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
posted by ぽんくん at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | スマートフォン

2011年05月15日

「最速で売れた携帯ゲーム機」:iPhone4

 iPhone4とApp Storeが、ギネス世界記録の「2011 Gamer's Edition」でさまざまな記録を認定された。

 まずiPhone4は、発売日の2010年6月24日に150万台売れた(アナリスト推定)として、史上最速で売れた携帯ゲーム機となった。PSPは発売日に20万台売れ、ニンテンドーDSは1週間で50万台売れた。

 またApp Storeはオープン以来アプリのダウンロード数が65億件に達し、世界で最も人気のあるアプリダウンロードサービスに認定。同ストアで提供されているゲーム数は3万7362本と、世界最大のビデオゲームダウンロードストとしても認められた。同ストアが2008年7月10日に始まったとき、アプリ数は500でうちゲームは145で、「ゲームシステムとして立ち上げ時のラインアップ最多」記録という。

 このほかにもApp Storeのゲームに関して以下の記録が認定された。

 •Angry Bird:67地域で650万本以上売れた最も人気の有料ゲーム
 •Plants vs. Zombies:リリースから9日で30万本以上と最速で売れた戦略ゲーム
 •Tap Tap Revenge:シリーズ合計1500万回以上ダウンロードされた、最も人気のシリーズ
 •Frotz:初のiPhone向けテキストアドベンチャー
 •Enigmo:iPhone用の初の物理パズル

「iPhoneのリリースはモバイル業界だけでなくビデオゲームの世界も変えた」とギネス世界記録のゲーム担当エディター、ガズ・ディーブス氏は語っている。「Appleは尽きることのないApp Storeのラインアップと直感的なデバイスで、文字通りどこでも楽しめるカジュアルゲームのジャンルに新しく自らのための大きな場所を作った」


やはりiPhone4はすごいですね

ギネス記録だそうだ


1日で150万台売れたってのもすごいですね


posted by ぽんくん at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | スマートフォン

2011年04月25日

いつでもどこでも充電できるソーラー充電器 mobile solar L

 mobile solarシリーズは、3500mAhのリチウムイオンポリマーバッテリーを内蔵した「mobile solar L」と1500mAhの「mobile solar」の2モデル。4月20日時点でドコモ、au、ソフトバンク(Disney Mobileを含む)、イー・モバイルのスマートフォン全機種に対応するほか、付属の専用コネクタを利用することで、PSPやニンテンドーDSi/DS Lite、携帯電話なども充電できる。

 充電方法は、ソーラーパネル、USBポート、AC-USB充電器の3通りで、バッテリー残量を示すLEDインジケーターを搭載する。充電時間は約3〜4時間(ソーラーパネルのみの場合は約30時間)。



ソーラーシステムだけだと30時間かかるので

ソーラー充電器と良いながら

ちょっと違う充電器と思った方が良さそうだけれども

それでもこいつはすごいな


重さも110gほど


持ち運びも使えて

いざってときに役立つ携帯用電源。特になかなか充電する暇がない人にとても良いですね
posted by ぽんくん at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | スマートフォン

2011年03月04日

PCサイトにスマートフォン向けの広告で報酬ゲット!

最近のスマートフォンの勢いはすごいですね

特にAndroid携帯はなかなかの使いやすさです


こういう人が集まるところには

お金も動くのも間違いない!



PCサイトにスマートフォン広告掲載


クリック課金型だから

なかなか使い勝手も良い


携帯を使っていて思ったことですが

間違いクリックが多い…


ということは

間違ってクリックしてくれる人も多いわけで

適当に張っておくだけでもお金が入ってくるということに…


なるほど…

こいつはいいですね


posted by ぽんくん at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | スマートフォン